下鳥直之の不倫は安田美沙子が妊娠中に・・・

安田美沙子さんの旦那、下鳥直之氏の不倫が発覚したようです。

現在妊娠5か月の安田美沙子さん・・・一番支えてあげないといけない大切な時期に不倫ですか。


不倫は誰も幸せにならないし、不倫から不倫相手と結婚しても幸せになることはほとんどありません。それをもっとたくさんの人に理解して欲しいものです。

始めに言っておきますが、私は不倫されて苦しんだ経験があるので、不倫に関しては少々きつめのことを書きます。

下鳥直之の不倫相手の彼女

まず、この不倫が事実なのかどうか、情報元は以下です。

12月18日、本誌は都内で密会中のS氏とA子さんの姿を発見。丸の内でのイルミネーション鑑賞、中華料理店でのディナーの後、2人が向かった先は、新宿・歌舞伎町のシティホテルだった――。

後日、S氏を直撃すると、事実関係を認め、「妻に直接話しますので、時間を下さい」と語った。
引用元:週刊文春WEB
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6944

S氏というのが安田美沙子さんの旦那である下鳥直之氏です。そしてA子さんが彼女で下鳥直之氏の不倫相手になります。

ただの噂かと思いきや、本人しっかり認めてしまっているようですね。今頃修羅場でしょうか。


このA子さんですが、友人の証言が本当だとしたら、下鳥直之氏が妻帯者であることを知らずに付き合ってしまっています。

途中で知ったかもしれませんし、今も知らないかもしれません。なので一概に責めることはできませんよね。


むしろ被害者かもしれません。こうやって下鳥直之氏のように名前も既婚であることも隠したり、有耶無耶にしたまま付き合ったりして不倫する男は多いです。

都内の病院に勤務しているという27歳のA子さん。看護師でしょうか?毎日忙しくてたくさんの人を助けているんでしょうね。


私の友人にも看護師や病院関係者の女性がたくさんいますが、皆ものすごくたくましいです。たくましい人がなる職業ということではなく、一生懸命働いているとたくましくなるようです。

そうならないとやっていけない現場だと皆口をそろえて言っています。


そんな厳しい日常の中で下鳥直之氏が癒しになっていたのでしょうか。しかし実は既婚者だったなんて・・・ショックだったでしょうね。将来のこととか、結婚も含め色んな夢や希望があったかもしれません。


それら全てがガラガラと音を立てて崩れていく。恋愛って、失恋ってそういうものかもしれません。でも、二人の関係がうまくいかなくてしょうがなく失恋するのとは違います。

下鳥直之氏が誠実であれば始まっていなかったことですから。

安田美沙子は妊娠中

かたや妻である安田美沙子さんは現在妊娠中。ほんの1か月ほど前に第1子の妊娠を公表したばかりだったのに・・・

本来なら妊娠中で何をやるにも大変で、また体も子供と共に大事にしないといけない時期で、妻としては夫に最も支えて欲しい時期と言えるかもしれません。


そんなときに支えるどころか突き放すような行為である不倫とは最低ですね。最低ですが、世の中の男性側の不倫で一番多いとも言えるのが、この「妻の妊娠中」なんですよね。

安田美沙子さんがどうだったのかは分かりませんが、一般的に妻が妊娠すると、体の関係は少なくなる傾向があります。


子供が気になってやりにくいですし、単純にそういう気分にならなくなってしまう人も結構います。これは男性側も女性側もあります。

また、妊娠~子供が出来てからは今まで旦那にべったりだった奥さんが子供中心になっていくので、旦那側は寂しさを感じて浮気をすることが多いんです。


しかしそんなことで浮気なんてしていいわけがない!

今頃安田美沙子さんはきっと、つらくて苦しくて、先のことを考えて不安で、そして何より悲しくて・・・本当に1分1秒息をするのもしんどいくらいの状態なんじゃないかと思ってしまいます。


どうか自分を大切に、友人などに支えてもらいながらゆっくり乗り越えていってもらいたいです。今は自分と子供のことだけを考えて。

私も一時はめちゃくちゃになりましたが、乗り越えて今幸せです。きっと大丈夫です!

不倫が幸せになれないわけ

不倫が幸せになれないわけは、悪い事をして幸せになれるわけがないからではありません。

私はどちらかというと理論派なので、そういうバチが当たるみたいなことはあまり信じていません。


ではなぜ不倫が幸せになれないのかと言うと、罪悪感投影が関係してきます。

心理学用語の罪悪感と投影については文字にリンクを貼っておいたのでそちらを参照して下さいね。


まず今回の不倫をA子さん側から見た場合。下鳥直之氏が安田美沙子さんと別れて自分と結婚したとすると、そのときは嬉しいかもしれませんが、いずれこう思うようになります。

安田美沙子さんを捨てたように、私のこともいつか捨てるんじゃないか・・・

私と不倫してたように、また誰かと不倫するんじゃないか・・・

もしW不倫だった場合はこれが男女両サイドで起こることになります。


これが投影なのですが、これを感じ始めると、何もかも怪しく見えてくるし、束縛したくなるし、そんなことする自分は好かれるわけないと思えてくるし、実際嫌われます。じわじわと関係が破壊されていきます。


下鳥直之氏側から考えると、自分は妻を裏切って捨てた。悪いことをした、悪い人間だという感情が心の奥底にずっと残ります。これが罪悪感です。

そうすると、周りの人に「どうせおれのこと最低だと思ってるんだろ?」と感じるようになります。そう感じていると、他人の言動が何でも自分を責めているかのようにとらえがちになり、イライラしやすくなります。


また、罪悪感とは自分は罰せられるべきだという感情なので、無意識的に罰せられるような言動になっていくことがあります。結局また離婚してしまうとか、破産してしまうとか、自分が罰を受けているような事態を招きやすくなりますね。

終わりに

世の中でささやかれているような「悪い男がモテる」とか「浮気は甲斐性」とか、そんなの一時的なモテ具合でしかありません。

もっと長い目で見て下さい。何度バカを見ても真面目で誠実な人が最終的には幸せになれるはずです。私はそう信じています。


浮気しまくって恋人をとっかえひっかえしてる男がカッコイイですか?本当にカッコイイ男は、妻一筋ですよ。

怒りを抑える方法は感情を抑えないこと

米倉涼子離婚の理由と慰謝料

関連記事

  1. 中川俊直の重婚ウエディングとは?事実上不可能

    中川俊直経済産業政務官が女性問題で辞任することが明らかになりました。週刊誌によると、重婚…

  2. 不倫発覚後の夫婦関係修復を望むなら

    以前書いた記事これの夫婦関係修復の部分についてもっと詳しく書きたいと思います。不倫さ…

  3. 飯田祐馬(KANA-BOON)嫁は清水富美加に慰謝料請求可能?

    人気ロックバンドKANA-BOONの飯田祐馬さんが元女優の清水富美加(現千眼美子)さんと不倫関係にあ…

  4. 太田莉菜の不倫に松田龍平の母は文句を言えず

    俳優の松田龍平さんとモデルの太田莉菜さんが離婚することになったそうです。原因の1つは太田莉菜…

  5. 不倫は犯罪?浮気する心理と夫婦関係修復の方法

    不倫はされた側からしたら、「当然犯罪!」と言いたくなるほどつらくて腹が立つ出来事になりますが、逆にし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール




名前:K
住所:愛知県
職業:システムエンジニア
血液型:A型
好きな食べ物:甘い物と辛い物
好きな飲み物:カフェオレ
好きな映画:ラブロマンス


某大手カウンセリングサービス会社の心理カウンセラー養成講座を卒業。およそ12年に渡り心理学を学んでいます。


自身の失恋の連続と2度の離婚の経験から、人の恋愛や結婚生活をうまくいかせる手伝いがしたいと思うようになり、このブログを立ち上げました。


人には見た目と中身が全く一致していないとか、内面は女より女らしいとかよく言われます・・・


詳細プロフィールはこちら

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP